スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数市場で自動売買

システムトレードで自動売買をするメリットのひとつが、多市場同時トレードでしょう。

ハードウェア構成(とくにメモリとモニタ)やソフトウェアにもよりますが、50程度の銘柄・マーケットを監視して、売買プログラムを同時にはしらせることは十分可能です。コンピューターは疲れませんので(笑)

例えば再現性の高いチャートパターンをプログラミングして、何十もの市場でそのパターンが現れるのを待ち伏せするといった使い方もできるわけです。

また、オープニング直後の値動きを狙うトレード(オープニング・ギャップトレードや、オープニング・レンジブレークアウトなど)の場合は、1国1市場だけをターゲットとしていると、1日のトレードがあっという間に終わってしまいます。

続きを読む...

スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。