スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システムトレードデモ環境について(詳細)

前々回の記事で好評だったデモ環境についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

デモが重要なのはわかったが、実際どのようなデモ環境を構築すればいいのでしょうか。

極端なハナシ、練習であればチャートをみてアタマの中で売り買いをイメージしてもまあいいとは思いますが・・・。それでは芸がないですよね。。

私が個人的に利用しているデモ環境は

・TradeStation + eSignal
・NinjaTrader + eSignal
・NinjaTrader + eSignal + InteractiveBrokers

の3つです。

システムトレードで売買ロジックを構築してデモ環境で簡単なテストをするときには、プログラミングが簡単なTradeStationを使っています。EasyLanguageが単純で使いやすいですからね。

続きを読む...

スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

マーケット変動時のシステムトレード

先週のマーケットの荒れ方はすごかったですね。

USのリーマンショックに始まって、ショート規制が混乱に拍車をかけました。その影響が欧州や日本にも広がって、世界中でマーケットが乱高下したわけです。

さて、このようなときにシステムトレーダーはどうするか???

よくあるトレンドフォロー系のシステムはちょっと厳しかったでしょうね。

あっという間に大きく下げて、その後すぐに大きく上げましたから、方向の転換が間に合わず往復ビンタ(笑)を食らったものが多かったのではないでしょうか。

短い時間軸での反転をおこなわず、一方向にガマンというポジショニングのシステムであれば、ロスカット設定にもよりますが、プラスマイナスゼロくらい?大きなドローダウンに耐える根性仕様のシステム(笑)であれば、影響はなかったかもしれませんね。

続きを読む...

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

デモトレードは必要か?

あたりまえ、というかいうまでもないタイトルになってしまいましたが・・・、今回はデモトレードについて書いてみようと思います。

トレードの技術というのは、ビジネススキルやスポーツの技術、音楽の技術などと同じで、専門分野における専門的な技量のひとつです。

当然、習得には時間も集中力もフィードバックループも、地道な努力も情熱も必要です。これは当然、裁量トレードでもシステムトレードでも一緒です。

ちょっと話がそれますが、トレードで大儲けできる人と、その他多くの参加者の比率を考えてみると、プロサッカーの世界とたいして変わらないかも知れません。

続きを読む...

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

オススメのチャートソフト・・・ない

おすすめのチャートソフトがあるかとよく聞かれます。

そういえば、このブログのコメントにも以前ありました。

で、おすすめは・・・ありません(笑)

チャートは個人の好みが極端に出るので、自分で探すしかないのです。
トレードする時間軸や必要とするテクニカル指標、トレードスタイルにもよりますし。

私なんかは、ドラッグでチャートを伸縮できないとイライラして絶対にダメなんですが、たぶん同じように感じる方はそんなに多くないと思いますし。

また、多数の銘柄を追ったり、複数の時間軸のチャートを売買判断に使うのであれば、ソフトウェアの安定性も重要なポイントになります。(安定性を重視するとeSignalが一番いいような気がしますが、あくまで主観的な感想で、実際に負荷テストをしたりして比較したわけではありません)

続きを読む...

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

売買ロジックテストの必要性と限界

システムトレードにおいては、システムの開発よりもテストの方が重要だと個人的には思っています。

十分なバックテストと、信頼できるだけのフォワードテストを繰り返してからでないと怖くて自分のお金をまかせられません。

売買ロジックを設計するときには、過去データを検証しながら煮詰めていきますが、もちろんそれだけでは不十分です。

オーバーフィッティングという危険もありますからね。

理想的なのは、

・過去のある時点からそれより前のデータで売買ロジックを作成しテスト実行
・過去のある時点から現在までの期間でも有効かテスト
・さらに現在進行形で実際のマーケットでテスト(デモトレード)

という3ステップではないでしょうか。

続きを読む...

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

マーケットデータ配信サービスを利用するべきか?

データベンダーを利用するべきか、それともブローカーの配信するデータで間に合わせるべきか?

一概にどちらがいいとはいえませんが、私の見解では、

ティックチャート、1分足チャートでデイトレードをする人
たくさんのチャートを並べていろいろ使いたい人
→データベンダー利用したほうがいいかも

比較的長い時間保有する人
同時にたくさんのチャートを出す必要がない人
→データベンダー不要かも

かと思います。

もちろん、どのようなブローカーを利用するか、どんなトレードシステムを利用するかでかなり制約があるので、あくまでも一般論ですが。

実は以外と知られていないのですが、ブローカーやデータベンダーによって、配信されるプライスデータは微妙に違っています。

つまり、ブローカーのトレード画面のティックプライスと、データベンダーのティックプライスがわずかに異なることが頻繁にあるというわけです。

続きを読む...

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。