スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCに文章をしゃべらす方法

前にマーケットの状況をPCにアナウンスさせてるということを書きましたが、どうやっているのかという質問をいくつか受けましたのでちょっと解説します。

まず、音声読み上げソフトが必要です。

これは、自分が作成した文章をソフトウェアに読み上げさせるためのソフトですね。

日本語のものではいいのが見つからなかったので、私は「NaturalReader」という英語のソフトを利用しています。

↓これです
http://www.naturalreaders.com/

いろんなタイプのマシンボイスが用意されていて、$49.50で2種類の声がついています。


で、実際の手順ですが、

まずこのソフトウェアを使って、音声ファイルを作成します。

次に、TradeStationやeSignal、NinjaTraderといったシステムに、ある条件を満たしたらこの音声ファイルを再生するように設定します。


株価指数が一定値を超えた場合、テクニカル指標が一定値に達した場合、株価、先物価格が指定価額に達した場合など、様々な条件が考えられると思います。


たとえば、

「$TICKが+800になったので、ショートポジションは解消してください」

とか、

「日経平均指数先物が指示線をブレークしました。ロングは気をつけてください」

といったアナウンスでもいいですし、

移動平均線とローソク足がクロスしたら、「20MAを上にクロスオーバーしました」

としゃべられせてもいいかもしれません。


TradeStationでしたら、EasyLanguageを利用して簡単に音声ファイルを再生するプログラムを作成できますし、eSignalでしたらチャートを右クリックしてAlertを挿入すればOKです。

NinjaTraderであれば、NinjaScriptで音声再生用の「Strategy」を作成します。ソースコードを開いて、 OnBarUpdate() の中に、if分で条件をセットし、Alert分で音声ファイルが保存されているローカルのパスを指定すればOKです。Initialize()は特別な設定は不要です。CalculateOnBarClose = true; になっていれば大丈夫です。


これでちょっとは地味なトレード環境が賑やかになります(笑)


とりあえず参考まで。
スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。