スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システムトレードで本当に感情を排除できるのか

システムトレードに関してよくある誤解に、

「感情を排除した売買ができる」

というものがあります。


確かにトレードで一番難しいのは感情をコントロールすることです。

利益確定や損切りの判断はメンタルに大きく影響されます。

ですから、心理面が安定していないと継続してよいパフォーマンスを維持することは非常に困難になります。

その点、たしかにシステムトレードは客観的なシグナルに基づいて売買しますから、感情とは無関係に思えるでしょう。

しかし、実際にシステムを運用していて一時的に損失が膨らんだ場合でも、自信をもってそのシステムを動かし続けられるでしょうか?
せっかく利益が出ているのに、どんどん減ってきている・・・でもシステムでは利益確定のシグナルが出ない・・・

非常に大きな含み損になった・・・システムは損切りしろというシグナルを出している・・・けれどもう少し待ったらマーケットは反転しそうだ・・・


このような状態で、冷静にシステムの指示に従うことができるでしょうか?

ここに大きな落とし穴があります。

そのときの気分や自信によって、システムをON,OFFしてしまってはシステムトレードの意味はありません。

結局のところ、システムトレードをする場合にも感情の影響は受けるのです。

ですから十分な過去データで検証して、自信を持ってトレードに臨み、あらかじめ設定したルールに冷静に従うことが重要です。

また、システムを設計する時点で、あまり抵抗がおおきくならないような脱出ポイント(利食い、損切り)を設定しておくといいでしょう。


スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

tag : デイトレード システムトレード FX

comment

Secret

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。