スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケットデータ配信サービスを利用するべきか?

データベンダーを利用するべきか、それともブローカーの配信するデータで間に合わせるべきか?

一概にどちらがいいとはいえませんが、私の見解では、

ティックチャート、1分足チャートでデイトレードをする人
たくさんのチャートを並べていろいろ使いたい人
→データベンダー利用したほうがいいかも

比較的長い時間保有する人
同時にたくさんのチャートを出す必要がない人
→データベンダー不要かも

かと思います。

もちろん、どのようなブローカーを利用するか、どんなトレードシステムを利用するかでかなり制約があるので、あくまでも一般論ですが。

実は以外と知られていないのですが、ブローカーやデータベンダーによって、配信されるプライスデータは微妙に違っています。

つまり、ブローカーのトレード画面のティックプライスと、データベンダーのティックプライスがわずかに異なることが頻繁にあるというわけです。

これは、元々のデータが違うこともあれば、同じデータであったとしても各社のサーバーの性能や、利用者の数、そしてインターネットのトラフィック、さらには自分のマシンの性能や使用するブラウザなどにも左右されます。

ソフトウェアによって使用するメモリが異なりますので、わずかにタイミングに差がでたりするわけです。

それ以外にも、マーケット開始直後のティックチャートや1分足チャートの始値と終値が業者毎に少し違うことも多いです。

このような状況なので、実はあまり細部にこだわってもしかたがありません。信頼できるブローカーなり、データベンダーなりを決めて、そこのデータをもとにしてトレードをするのがいいでしょう。数社のデータを同時に使っていると、データの違いによってトレードの整合性がとれなくなりますので。

ちなみに私は、トレード中はeSignalのデータしか利用しません。

銘柄監視は、eSignalのアプリケーションでおこない、トレードはNinjaTraderにeSignalのデータを取り込んでチャートを表示し、売買のオーダーを出しています。

つまり、ブローカーから配信されるデータはまったく使っていないわけですね。

私の環境ではeSignalのデータ配信は、ブローカーのデータ配信よりもわずかに早く、またシステムが安定していると感じるのがその理由です。

だからといって、ブローカーのデータ配信を利用したとしてトレードに特に影響はないとは思いますが・・・

というわkで、結論をいうと・・・どこのデータでもかまわないのでは?

・・・参考にならない記事でしたね(笑)

スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。