スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ裁量トレード有利か

一昨日の上昇で米国株式マーケットはようやく一段落した・・・と思ったのもつかの間、昨夜は途中から大きく下げました。まだまだダウントレンド継続ですね。

ただ、昨夜の米国インデックスは真っ逆さまに落ちましたが、その前日に大きく急上昇しています。

今日下側にブレークするか、それともふんばるか・・・そして、週末にどんなアナウンスが政府から出てくるか・・・これによって来週前半の動きは決まるでしょう。

個人的には、パニック売りが出るようなニュースが出なければ小康状態になると思っているのですが、さてどうなるでしょうか。まあこの手の予測は短期トレードには意味がないので売買戦略には入れませんが。

さて、昨夜は久しぶりにトレードシステムをONにして、売買シグナルを出させてみました。




しかし・・・ダメです(苦笑)

エントリーシグナルがなかなか出ません。
やはりイレギュラーな状態では使い物になりませんね。

もう少しマーケットが落ち着いてからでないと、自分が使っているレンジブレークアウト系のシステムはうまく効果を出せないようです。ブレークしたと判断してエントリーした場合でもリバーサルが強いために、すぐにストップオーダーがヒットしてしまいます。

やはりこういう局面に対処するためのロジックがしっかり設計されていないとこの状況でのプログラム売買は難しいかもしれません。

含み損をある程度許容できる仕様になっているトレンド系スイングトレードシステムなら大きな利益を狙えると思いますが。でもそういうシステムだと普通の状況(1年の7割くらいはそんなにうごかない)で儲からない可能性が大きいでしょう。

最近の荒っぽいダウントレンドをみていると、この手の状況に最適化したシステムを設計しても面白いかもと思いました。

2年に1回くらい使用する、暴落時用のシステム。

時間があるときにでも設計してみようかな。

スポンサーサイト

comment

Secret

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。