スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードステーション

システムトレードといえば、TradeStation(トレードステーション)を思い浮かべる人も多いでしょう。

トレードステーションとは、システムトレードのロジックをプログラミングによって作成し、それを検証し、実際に売買を自動的に発注することができるソフトウェアで、日本でも多くの代理店が販売しています。

日本ではもっともメジャーなシステムトレードソフトウェアといっても過言ではないでしょう。

日本ではTradeStation2000iというバージョンが一般的で、日経225のシステムトレードに活用している人が多いようです。

ただし、この2000iというバージョンは、かなり昔のもので、現在の最新バージョンよりも数世代前のシステムだということはご存知でしょうか?

2000iというバージョンは、日本をはじめとする世界各国の市場に対応したいますが、以降のバージョンアップでは米国以外の市場は対象外となりました。

現在、トレードステーション社は、ソフトウェア会社からブローカーへと業務を拡大しており、米国市場を対象として、ブローカーとシステムトレードソフトウェアが一体化したサービス体系を提供しています。(一応ソフトだけでも利用可能)

たしかにTradeStationはすばらしいソフトウェアであることに疑問の余地はありません。

システムトレード用のソフトウェアはたくさんありますが、売買ルールを作成するためのプログラミングの簡単さにおいて、TradeStationはダントツでしょう。

プログラミングに関する知識、経験がなくても使いこなすまでにそれほど時間はかからないと思います。参考となる日本語の書籍も出版されているのは心強いところです。

ただ、一方で多くの限界もあるのです。

まず問題なのは、2000iは古いOS向けに作成されたものであるため、最新のWindows VISTAはもちろんのこと、Windows XPで動かしても少々不安定です。

また、アーキテクチャーが古いため、メモリを非常に食います。

この不安定さは、実際に自動売買をする場合にはかなり不安を伴います。

また、最新のTradeStation8(米国市場向け)と異なり、eSignalのようなデータベンダーとの契約が必要なのも痛いところです。

それ以外にも、自動売買をする場合にはブローカーとの連携をとるソフトウェアも必要になり(ブローカによります)、そのソフトウェアがまた使い勝手に疑問が残ったりします。

ですから、筆者としては、トレードステーションは、あくまで売買ロジックの作成と検証に使って、実際の運用は別のソフトウェアを利用することをお奨めします。

その他のソフトウェアについては、また後日別の記事で紹介したいと思います。

スポンサーサイト

theme : システムトレード
genre : 株式・投資・マネー

tag : システムトレード デイトレード

comment

Secret

MENU
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ
RSS
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Contents
Profile

systrader

Author:systrader

トレードで生計をたてている個人専業トレーダー。

デイトレードがメインで、めったにオーバーナイトはしない主義。

システムトレードが大好きだが、裁量トレードもやっている。

NASDAQ個別株と米国インデックス先物(E-miniS&P、mini-Dowなど)を主に売買している。

なお、日本株や日経225先物は少々苦手。。

Links
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。